お知らせ

雨の時期を安全快適に乗り切るために
2021/07/15

こんにちは!エアフォルクのホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます!

いよいよ関東も梅雨入りしました。基本はどんよりとした天気が続いていますが、連日ニュースで取り上げられているとおり突然くる雷雨に天気の動向を常に気にしなければならない毎日になっています。

そもそも雨の日は、視界が悪い・滑りやすい・交通量が増えるなどの理由から晴れた日よりも事故の起きやすい日でもあります。また、仕事でもプライベートでも雨に濡れないようにと何かと手間がかかり、ジメジメとしていて気分まで下がり気味になりがちですよね。

このような時期少しでも安全により快適に仕事をするためにどうすればよいでしょうか?
必要なのは車のチェックと整備・清掃です。

安全面でいえば特にタイヤのチェックははずせません。

タイヤは路面との摩擦でグリップ力を発揮しています。そのため走れば走るほど摩耗してタイヤにある溝が浅くなっていくわけですが、この溝がかなり減った状態のタイヤでの走行は多くの問題と危険が伴います。

まずは、グリップ力の低下です。グリップ力が低下すると滑りやすく、ハンドル操作も不安定になります。また排水性も悪くなり、タイヤがツルツルといえるほどの状態では時速80㎞程度で「ハイドロプレーニング現象」(路面とタイヤの間に水が入り込んでタイヤが浮いた状態になり、ハンドル・アクセル・ブレーキがきかなくなる現象)が起きる危険性があります。他にも路面の突起を包み込む性質(エンベロープ性能)が極端に損なわれて乗り心地が悪くなったり、タイヤの放熱性にも悪影響がでます。より事故に繋がりやすくなるということです。

道路運送車両の安全基準でスリップサインがでたタイヤ(残りの溝が1.6㎜以下)での走行は禁止されています。ではこの基準ギリギリまでならタイヤを使用してもよいのでしょうか。答えはNo、オススメできません。

というのも次のような検証結果があります。
タイヤの新品時の溝はメーカーや種類により多少違いはあるもののだいたい約8㎜です。タイヤの残りの溝ごとの時速80㎞からブレーキをかけた時の制動距離を調べたところ、濡れた路面でも新品とほとんど制動距離は変わりがなかったのは残り4㎜くらいまでで、それ以上摩耗すると一気に制動距離が伸び始め、スリップサインがでるころの状態では制動距離は2倍にもなっていたとのことです。

つまり残りの溝が4㎜になったら新品に交換するのがベストということになります。これを走行距離に換算すると20,000㎞(一般的なタイヤゴムは走行距離5000㎞につき1㎜摩耗すると言われている)でこれもタイヤ交換の一つの目安になります。

しかし、タイヤの状態は使用状況・運転方法・保管状況などによっても変わってきます。
目安は一つに限らず、他にも使用年数(タイヤはゴム製品で劣化するため各メーカーともに4~5年での交換を推奨)や、見た目(傷や変形・刺さってしまった釘やガラスなどの有無)、走った時の感覚(走行音が大きい、ブレーキききづらい、乗り心地悪いなどの体感)など、これら複数の目安から交換の判断をしましょう。

他にも点検したり整備すべき点はいくつもあります。

雨の日にはかかせないワイパーも見ておきましょう。湾曲したガラスにしっかり追従させる役割を持っているのはじつはブレード(骨の部分)のほうなので、ゴム部分だけでなくブレードもチェックするのがポイントです。ゴムがよくてもここに問題があると拭きムラがでてしまいます。

フロントガラスはこの時期汚れがちになります。使用頻度が増えるウォッシャー液も補充しておきましょう。撥水効果のあるウォッシャー液もあり、手間なく撥水効果が得られるのでオススメです。

雨の中の運転でもしっかり視界確保をするならフロント・サイド・リヤのウィンドウにウィンドウコーティング(液体ワイパーやガラス撥水剤ともいう)を塗ると良いです。撥水効果で水を弾き飛ばしやすくなるのはもちろん、使用頻度が減るのでワイパーも長持ちし、汚れも簡単に落とせます。また、ワイパーが常に動いていることで眠くなるという人の眠気予防や視界が良くなることで疲れを軽減する効果も期待できます。コーティング剤にはシリコン系の撥水重視型とフッ素系の持続重視型の2タイプあります。

水滴がついて見づらいミラーもストレスになりますよね。ウィンドウと同じ撥水コーティングを塗るのもよいのですが、ウインドウほど風で水玉を弾き飛ばせないので、親水タイプ(中途半端に水玉ができ見づらいのを水をなじませ滑らせる親水状態にして見やすくする)のコーティングがオススメです。スプレータイプのほか誰でも貼るだけで簡単にできるフィルムタイプもあります。

この時期湿気が増えガラスが曇ることが多くなるのでエアコンの使用は必須です。今はどのエアコンにもフィルターがついているのでチェックして汚れているようなら交換しましょう(走行距離1万キロで清掃もしくは交換。使用期間は1年が目安)。都市部は汚れやすい傾向にありこまめに点検が必要です。

車内は普段から掃除していますか?雨の時期は湿気が多いせいで雑菌やダニが繁殖しやすくなっています。仕事等で車に長く乗る機会の多い人にとっては車内は生活空間も同じです。知らず知らずのうちに菌やダニを吸い込み体調不良の原因になる可能性もありますし、悪臭がしたりすれば快適とは言えません。雑菌やダニは車内のホコリや食べかすなどを好むので、車内も清掃し清潔にしておきましょう。基本は掃除機かけです。フロアマットはさらに水洗いし天日干しするのが最適です。トランクや貨物スペース・シート・ダッシュボードなども水拭きまたは除菌シートなどで拭きましょう。

手間や費用のかかることですが、季節にあわせた点検も運送業に携わるプロならばより安全に配慮し円滑に業務を行うために欠かせないことだとも思います。

まだチェックしていなかったという方やプライベートでしか使わないという車もこれを機に一度車の状態を見てみてください!そして不安なところがあればしっかり整備して憂鬱な雨の時期を少しでも快適に事故なく乗り切りましょう。

 

雨にもコロナにも負けず日々奮闘しております!
私たちと一緒にお客様も自分も笑顔にしたいドライバーさんを随時募集中です!
興味を持ってくださった方はぜひ下記よりご連絡ください!

まずは話を聞いてみたい!そんな方はこちらからご相談下さい!
https://www.erfolg-ltd.com/contact/