お知らせ

ラストワンマイル物流市場規模
2021/07/28

▶ラストワンマイルの国内調査について

矢野経済研究所は7月14日、国内のラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。
2020年度のラストワンマイル物流市場規模を、127%の2兆5380億円と推計した。
新型コロナウイルスの影響による人々のライフスタイルの変化に伴う
ラストワンマイル物流は人々の生活を支えるインフラとして貢献し、「巣ごもり需要」において伸長する結果となった。
市場拡大要因としては、宅配便取扱個数の増加、2.デリバリー機能を持たない飲食店の代わりに配達を担う「配達代行サービス」の拡大、3.高齢者をはじめとしたネットスーパー利用の拡大、等が挙げられる。
課題とされていた再配達は、新型コロナウイルスの影響で在宅率の増加に加え、「置き配」・「宅配ボックス」等の普及により受け取り方の多様化が進み、都市部を中心に減少傾向にある。

注目トピックとして挙げているのが配達代行サービスだ。
2023年度のラストワンマイル物流市場規模は、2兆9250億円になると予測。
ラストワンマイル物流市場の約6割を占める通信販売が今後も拡大傾向と見られることから、これに牽引されるかたちで今後も堅調に推移する見通しである。
現在、実証実験段階である配達ロボットやドローンを活用した新しいアプローチで物流スキームを構築する新規参入事業者が、今後登場することで、市場がさらに活性化すると考えられる。
また、この市場の大きな課題の一つとして、巷で溢れている「送料無料」という言葉が挙げられる。
「送料」が無料、つまり配送費用がタダで消費者まで運ばれるといった「誤った認識」を植え付けてしまっている可能性がある。
さらに2024年4月からドライバーの残業時間に規制がかかることで人手不足が加速することで、社会インフラであるラストワンマイル物流が滞ってしまう事態になりかねない。
今だからこそ、消費者の意識に「送料」を再認識させる機会であり、「送料無料」という表現に対して考えていくタイミングであるといえる。
「配送料はかかるもの」という意識づけが広まることだ
なお、調査期間は2021年4月~6月、調査対象はBtoC 物流に関わる事業者、管轄省庁等、調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用。

エアフォルクのサービスはこちら

https://www.erfolg-ltd.com/#service

お問い合わせはこちら

https://www.erfolg-ltd.com/contact/