お知らせ

次世代バイオディーゼル燃料の使用開始
2021/10/20

日本貨物鉄道(JR貨物)とユーグレナは10月13日、JR貨物越谷貨物ターミナル駅において、ユーグレナ社が製造・販売する次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用することで合意し、10月1日より同駅構内のコンテナ移送トラックにおいて使用を開始したと発表した。
<次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」をコンテナ移送トラックへ使用>
次世代バイオディーディーゼル燃料「サステオ」は、使用済み食用油とユーグレナを原料として製造されている。
「サステオ」は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出するが、原料となる使用済みの食用油の原材料である植物もユーグレナも成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されている。