お知らせ

日本郵便/新型ポスト開発
2021/10/29

小型荷物の発送を非対面化
日本郵便は10月18日、厚さ7cmまでの郵便物が投函可能な新型郵便ポストを開発し、その第1号を品川郵便局(東京都品川区)で報道陣に公開した。
新たな郵便ポストは、差し入れ口の開口を従来の3cmから7cmへと拡大。これにより、従来は窓口で手続きが必要だった「レターパックプラス」を使った厚さ3~7cmの定形外郵便物の発送がポストに投函するだけで行えるようになる。
新型ポストは、昨今のECやフリマアプリの利用拡大で、厚みのある定形外郵便物の利用が拡大していることを受けて製作した。
郵便物を24時間差し出せるため利便性が向上するほか、コロナ禍での発送手続きの非対面化にも対応する。
日本郵便は、この新型ポストを10月中に首都圏、中部、関西にある計15の郵便局へ順次設置する予定。
今後は、利用状況を踏まえて設置場所の拡大を検討していく。