お知らせ

料理宅配 コロナ禍で急増
2021/12/10

新型コロナウイルス禍によって「巣ごもり」消費が料理宅配市場は拡大した。
飲食店からの配達だけでなく、店舗での飲食機能を持たない「ゴーストキッチン」という出前拠点もコロナを機に増えている。

事業者は運ぶ荷物を料理以外に広げる必要に迫られている。
料理宅配の配達員の確保も課題となる。

これまでコロナ禍で臨時休業していた飲食店の雇用の受け皿になっていた側面がある。

中長期では「ドローン(小型無人機)などを利用し、人に頼らない仕組み作りも重要になる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの田中一真シニアコンサルタント)と指摘する声もある。