お知らせ

「運転が疲れる」そんな人の見直すべき点とは?
2022/04/28

「車を運転するといつも疲れてしまう」そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

 
車の運転に慣れていない人は自覚のあるないにかかわらず、運転で神経や筋肉をたくさん使うため疲れを強く感じる人が多いそうです。ここ数年のコロナ禍では感染予防のために公共交通機関を避け、普段あまり車に乗らなかった人も車を利用するようになり、このような人が増加したと推測されます。
しかし一般的に車の運転はある程度慣れると疲れもそれに伴って軽減されていくものです。充分に慣れたといえるほど運転歴はあるのにいつもとても疲れてしまうという人は根本的な運転環境や運転中の行動がまちがっている可能性があります。
とにかく車の運転が好きで、並大抵のことでは疲れを感じないなんて強者もいらっしゃると思いますが、逆に仕事等で毎日運転していても疲れがひどいという人もいるはずです。

 
今回はそんな運転による疲れで困っている人に再確認したり試してほしい手だてを見て行きましょう。

 
 
ポイントは以下の7つです。

 
➊視界を遠くまで確保する・姿勢を見直す
シートが低すぎたり、背もたれを寝かしすぎていたり、フロントガラスやダッシュボードにたくさんの物をぶら下げたり置いたりしていませんか?これらは視界を狭くします。運転中見えない部分が多いほど見ようとして余計な神経を使い、変な姿勢にもなってしまいます。また運転に慣れてくると楽な姿勢をとりがちですが、楽な姿勢は安全面に問題があるのと同時にじつは疲れやすい姿勢でもあります。
正しいドライビングポジションを思い出しましょう⇒『シートにはお尻から太ももまでできるだけつけるように深く座り、シートの位置はブレーキペダルをめいっぱい踏み込んだ時に膝に余裕があるくらいにします。背もたれの角度はハンドルの頂点に手を置いても体がシートから浮かず、腕は関節に余裕があるくらいの距離になるように動かし、背もたれの位置が決まったら最後にヘッドレストの中心が耳の高さになるように又後頭部と隙間ができないように調整します。』

 
➋耳障りな音を排除する
自分が心地良いと感じる音はいいですが、エンジンノイズや風切り音・ロードノイズ、大きすぎるオーディオの音など少し嫌だと感じる音を聞き続けているとそれが意外と大きな疲労に繋がっていることがあります。耳障りなほどのエンジンノイズやロードノイズは車の異常を知らせている可能性もあるので、そのような場合は点検もしましょう。とにかく車内は常に運転者にとって心地よい音の環境にすることが大切です。

 
➌ハンドルは適度に手ごたえのある操作感のものが良い
ハンドルが重すぎる又は軽すぎる車は避けましょう。ハンドルが重すぎると直線走行は楽ですが、カーブや交差点で曲がる時や車庫入れの時には体にかなりの負荷がかかります。筋肉痛になる人もいるほどです。逆にハンドルが軽すぎると曲げることが必要な操作はスイスイできますが、速度を上げた時に路面の凹凸にハンドルがとられ車の動きがフラフラしやすくなります。そうすると必要以上にハンドルを力を入れて握ってしまい肩こりなどに繋がります。
新車購入の際には必ず試乗して確かめたり、走行モード選択が可能な車は自分にあったモードを選ぶと良いです。それらができない場合でも気になるようでしたら専門家に相談してみましょう。

 
➍定期的に水分補給をする
水分補給は季節を問わず重要です。水分を取らない時間が長くなると血中の水分量が不足して血液がドロドロの状態になります。すると血流が悪くなりコリの原因になったり、細胞が脱水症状になって疲れを感じやすくなってしまいます。
夏よりもむしろ冬の方が注意すべきです。冷えてトイレが近くなるからと水分をあえて取らない人もいると思いますし、車の中はエアコンなどで想像以上に乾燥しているので喉が渇かなくても水分不足にはなりやすい環境です。理想は半日でペットボトル500ml1本、意識して飲むことが必要です。

 
➎疲労軽減に効果的な食べ物を食べる
運転時だけでなく、普段の食事でも疲れの予防や回復に効果的な食材を取り入れることを心がけましょう。例えばコンビニで手に入るものであれば、疲労回復や体力増強効果のあるアスパラギン酸が豊富に含まれている鰹節が使われているおかかおにぎりやストレス症状を和らげる良質なタンパク質が多く取れるタマゴサンドがオススメです。身体のことを考えた商品は今やたくさん売られていますので上手く利用することで手軽に必要なものを補給できます。
他にも鰻・鶏のささみ・レバー・豚しゃぶなどが特に疲労軽減に効果的です。

 
➏ストレッチをする
血流が悪くなると疲労も蓄積されていってしまいます。トイレや食事などの休憩時などにストレッチを行い血流を良くしていきましょう。車から降りずとも座ったままでできるストレッチもいろいろあります。肩甲骨を意識して前後に回す肩回しやゆっくり大きく動かす首回しを10回ずつ行うだけでも、身体がポカポカしてくるのを感じられて意外と効果的であるのがわかると思います。伸ばす曲げるストレッチなら痛気持ちいいところで数十秒しっかり呼吸をしながらキープするのがポイントです。

 
➐アロマセラピーを利用する
様々な効果をもたらしてくれるというアロマセラピーには疲労回復効果もあると言われています。アロマセラピーを行うのに専用のアロマデュフューザーを用意する必要はなく、アロマオイルを数滴垂らしたハンカチやティッシュなどを車内に置くだけで効果が期待できます。
香りが好きな人や香りでリラックスできる人には特に有効でしょう。集中力を高める作用があるローズマリーやペパーミント、気分の高揚・活性作用のあるベルガモットやレモンがオススメです。アロマを利用したことがない人も気分転換にいかがでしょうか。

 
 
意外なところに疲れの原因はあるかもしれません。長い時間運転する人にとっては特にそのちょっとした見直しや心がけで大きく改善される可能性もあると思います。気になる項目がある人は是非試してみて下さい!
ただ忘れてはいけないのは、『栄養のある食事をしっかりとること・ゆっくりと湯舟につかる入浴をすること・たっぷりと睡眠をとること』があくまで基本ということです。できていないと思う人はまずはこちらから改善していきましょう。